2017.5.21.



腫瘍壊死因子α型 TNF−α

名前を見れば、画期的な「がん免疫治療薬」
のように思えてしまいます。


この物質は、白血球などが放出するもので
樹状細胞なんかも、出すのですが
当初、名前の通りに腫瘍組織に壊死を起こさせることが
わかり、期待をこめて、このような名前が
つけられました。

他にも、TNF−β があります。


また、 腫瘍成長因子 TGF というのもあり
さらに、TGF−α TGF−β が知られています。


こうして、名前だけながめていると
TNFは、「いいもの」で、
TGFは、「悪いもの」に見えてしまいます。


実際に、名前がついただけの背景や事実はあり
名前の通りの機能を果たすことがみつかったのです。


たとえば、TGF−βをNK細胞に作用させると
NK細胞の活性が低下します。

では、TGF−βが、NK活性を低下させる
免疫抑制の正体か、というと、そう単純ではありません。

様々な物質が、免疫抑制に関与しており
TGF−βを封じる薬を開発すれば
がんが治る、とはいかないのです。


そして、実験を重ねるうちに意外な事実が
明らかになります。

同じ腫瘍細胞であっても、TNF−αの濃度を変えると
腫瘍成長因子として作用するのです。

こうなると、この物質は、どちらの側なのか
わからなくなりますが、実際に、生体内の物質は
その物質単独で、単純な意味をもつとは限りません。

夢の新薬、画期的ながん特効薬として脚光を浴びていた
TNF−αに、暗雲が漂い始めました。


じゃあ、濃度を調整すればいい、と考えられたのですが
いくらの濃度なら、腫瘍に壊死を起こさせるのかどうか
単純な答えはみつからなかったのです。

もし、これをがん免疫治療薬として、患者さんに投与するなら
それによって、腫瘍が壊死を起こすのか、増殖するのか
何も起こらないのか、腫瘍が複数ある場合、腫瘍ごとに
どちらかが起こるのか、やってみないとわからない
ということになったのです。


実用化の道筋が見えない中で、
決定的なダメージがありました。


がんの進行そのものによって
「最期」をもたらすもの。

それは、悪液質とか、アミドローシスと
呼ばれるものですが、体液がドロドロになり
水の循環が止まって、生命活動が止まってしまいます。

このドロドロの液体、アミロイドを大量につくらせる
誘導物質カケクチンの構造が決定され、それがまったく
TNF−αと同一物質であったことがわかりました。


この事実には、愕然としました。


こうして、TNF−αの開発は中止されます。


その後、TNF−αの生体内での挙動をコントロールできる
という方に会う機会がありましたが、十分、検証でき
なかったものですから、どうすればいいのか、ということは
ここでは書きません。 

さて、樹状細胞は、「がん細胞に対する反応が鈍い」
という言い方をします。


「鈍い」ということは、少しは反応するのでしょうか。

樹状細胞は、TNF−α、β TGF−α、β
これらを放出します。 

何も樹状細胞に限らないのですが。


なので、まったく、がんと関係ないわけでは
ありません。

樹状細胞には、がん細胞を認識するセンサーは
見当たりませんし、
NK細胞のように、多種多様なセンサーで、
がん細胞の表面を調べ、がん細胞を識別すれば
その場で、殺してしまう、という芸当はできませんが
がん細胞が反応する物質を放出することはできます。

樹状細胞は、血液の中にはいませんし、通常は
皮膚の奥や、消化管の基底膜付近など、感染症が
発生した場合、病原体が侵入してくる場所に
張り付いていますが、リンパ節などにも
よくいます。

そこで、TNFやTGFファミリーの物質を
放出することで、がん細胞の転移を誘導したり
あるいは、転移を抑制する働きがあると
いう説があります。
がん細胞は、必ず、リンパ節を経由して
リンパ管ルートで転移するとは限りませんが、
一応、ある場所で発生したら、どちらの方へ
転移しやすいという傾向があり、出発口の
リンパ節と、定着して転移巣をつくる出口の
リンパ節にいる樹状細胞が、これを誘導している
という説があります。

こうなると、樹状細胞もまた、どちら側なのか
よくわからなくなりますが、ともかく、
こうした物質を、目をつぶって体内に
投与しても、何が起こるかわからない
それだけ人体は複雑なんだ、ということです。